カテゴリー:労働契約法

  • 労働者と使用者が守るべきルール。労働契約法とは?

    労働契約は労働者と使用者の合意により決まります。 ですから給料や労働時間についても基本的には労働者と使用者の合意によって決まるのが原則です。 しかしこの原則に従って自由に労働条件を決めて労働契約を結ぶこと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 有期契約労働者(契約社員)との雇用契約

    従業員に働いてもらうことが決まったら、雇用契約を書面で結ぶことが大切です。 正社員やパート…

ピックアップ記事

  1. 「労働契約法の一部を改正する法律」が平成24年8月10日に公布されましたが、その中で有期雇用…
  2. 有給休暇にも時効があります。 労働基準法では、有給休暇は2年で消滅すると定められています。…
  3. あなたの会社には「皆勤手当」がありますか? 皆勤した従業員へのご褒美というより、欠勤や…
  4. あなたは 「自分の若い頃は有給休暇なんてなかった」 「研修期間は仕事を教えてやってるんだから…
  5. 雇用契約書に記載しなければならない項目に退職と解雇の事由と手続きがあります。 従業員が退職…
ページ上部へ戻る