カテゴリー:労働契約法

  • 労働者と使用者が守るべきルール。労働契約法とは?

    労働契約は労働者と使用者の合意により決まります。 ですから給料や労働時間についても基本的には労働者と使用者の合意によって決まるのが原則です。 しかしこの原則に従って自由に労働条件を決めて労働契約を結ぶこと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 時間単位の有給休暇でリスク回避!その導入方法と注意点

    労働基準法では、1年に付与する有給休暇のうち5日分について、時間単位の有給休暇に設定できるとされ…

ピックアップ記事

  1. あなたの会社では有給休暇の使用を進めていますか? 従業員の有給休暇は残しておくと退職時…
  2. 従業員がある日突然、「辞めます。残りの有給休暇を消化するので、もう会社には来ません。」と言っ…
  3. 社会保険の保険料は、従業員が毎月会社から受ける給料から天引きする標準報酬月額と賞与の支払…
  4. 世の中には多くのルールがあります。 ホテルに行けば宿泊に関するルールがありますし、運転すれ…
  5. 法人の役員をされている方の中には、2つ以上法人の役員をしている方がいます。A社では代表取締役…
ページ上部へ戻る