外国人労働者と雇用契約書を交わす際の注意点とは?


外国人を採用する場合にも、日本人と同様に雇用契約書を交わすほうが望ましいと言えます。
むしろ外国人労働者の方が契約意識が強いため、日本人労働者を雇う場合以上に雇用契約書の必要性が高いとも言えます。
このページでは外国人労働者を採用する場合に注意しなければならない点について確認します。


[adsense]

雇用契約は、本人が就労できる在留資格の範囲内で有効であること

これは仮に終身雇用契約を結んだとしても、在留資格が切れれば、雇用を継続することはできないからです。
在留期間を確認し、その範囲内で契約をしましょう。

在留資格の制限がない限り、終身雇用とすることができる

外国人労働者と雇用契約書を交わす際の注意点
その場合、日本人従業員と同じ雇用形態にする場合は、日本人労働者と同じ就業規則や労働協約の適用を受けることになりますので、事前にその内容について十分に説明し、本人の理解と納得を得ておくことが必要です。
労働基準法は、労働条件について、国籍による差別的扱いを禁止していますので、外国人という理由で日本人と異なる労働条件を設けることは、法違反になります。
ただし、職種や雇用形態別に就業規則を作成するなど、国籍を問わず、異なる労働条件を定めることは差しつかえありません。
契約期間については、語学力や文化の違いもあり、日本企業で働くことについての本人の適性を見極めたいということから、当初は契約社員として採用する企業が多いようですが、その場合にも契約書を作成し、契約更改手続きについても、かならず明記しておくようにします。
[adsense2]

配転や転勤により、職務内容や勤務地が変更されるかもしれない場合は、それを雇用契約書に明示する

外国人は、日本人にくらべて契約意識が強いと言われています。
雇用契約をしっかり書面で結ばなければ後日トラブルの原因にもなります。

就業時間、残業、休日出勤、休暇などの扱いについては、事前にはっきりさせること

一時帰国休暇やクリスマス休暇を設けるかどうか、一時帰国を認める場合には、その費用負担などについても明記し、誤解のないようにしなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014-11-20

    試用期間で押さえるべき3つのルール

    試用期間は必ず設けなければならないものではありません。 まして労働基準法でも定義やルールも…

ピックアップ記事

  1. 御社では、有給休暇の取得を促進されていますか? 従業員の労働時間削減のため、政府も有給…
  2. 「労働契約法の一部を改正する法律」が平成24年8月10日に公布されましたが、その中で有期雇用…
  3. あなたの会社では年次有給休暇の申請をいつまでに行うルールにしていますか? 従業員が年次有給…
ページ上部へ戻る