マイナンバー通知の準備から運用までこれ一つで全て解決 マイナンバー実務安心パック

まだマイナンバー制度対応が済んでいない経営者様、担当者様へ

今からでも、安心してマイナンバー制度対応を終わらせる方法をご紹介します。

こんなお悩みはないでしょうか?

マイナンバー対策をまだ何もしていない。

本を読んだり、セミナーに参加したり、ネットで情報を探したが、結局なにからやっていいのか?わからない。

社内規程をどうやって作ったらいいのかわからない。

社内講習をしたいが、社内にマイナンバーについて分かる人がいない。

できるだけコストをかけずに、効率よくマイナンバー制度に対応したい。

もしひとつでも当てはまるのなら、、、
このページはきっと御社のお役に立てるでしょう。どうぞこのまま読みすすめてください。

2016年1月よりマイナンバー制度がはじまります。

2016年1月1日よりマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)がスタートします。それに先駆け2015年10月には住民票のあるすべての方にマイナンバーが通知されます。
企業では、税・社会保険関係の手続き上、マイナンバーを記載する必要が出てくることから、マイナンバーについての対応が不可欠なものとなります。

従業員によるマイナンバー漏えいの場合:違反した従業員(4年以下の懲役・200万円以下の罰金)+企業(200万円以下の罰金)

マイナンバーはこれまでの個人情報と違います。その取り扱いに関してマイナンバー法で非常に厳しい制限が定められており、マイナンバーの漏えいや利用違反については、非常に重い法定刑が科されることになっています。

企業にはマイナンバーの取り扱いについて、社員や取引先からの取得方法や、管理・廃棄のルールなど、その運用の具体的な取り決めを求められています。

つまり、すべての企業にとって大きな影響があり、対応を迫られているのです。特に、
10月の通知後には社員や取引先からの問い合わせも多くなると予想されますので、マイナンバーへの準備を整えておく必要があります。

対応を実施している企業はたったの17%!?

しかしマイナンバー実態調査2015(日経BPコンサルティング調べ)によると、マイナンバー対応作業を実施している会社はなんとたったの17%しかいません。ほとんどの企業がまだ実施に至っていないと言うのです。

なぜ、このようなことになっているのでしょうか?

まず、制度に対する理解不足。マイナンバー制度は、法律の話です。そのため、国のガイドラインはやや理解しづらいですし、一体どんな問題があるのか?不透明な部分もあります。
本、セミナー、ネットで情報収集すると、今度は様々な情報が溢れていて、どれが自社にとって一番いいのか判断するのに手間がかかります。

他にも、人とコストの問題もあります。会社にはただでさえ忙しい通常業務もあり、マイナンバー対策に人やコストがまわせないといった切実な問題もあります。

「制度に対する理解不足」、「日々の業務に追われている」、「コストの負担が大きい」。
これでは制度対応が進まないのは当然のことです。決して、御社や担当者様の責任ではありません。

しかし、だからといって、このままやり過ごすことはできません。なぜなら、マイナンバーは制度変更です。絶対に避けては通れません。しかも、10月の通知まで時間がありません。

では、一体どうすればいいのでしょうか?

いくつか方法はあります。例えば、社会保険労務士や、マイナンバー対応のコンサルタントを雇ってやってもらう方法です。
他にも、マイナンバー専門のアウトソーシングもあります。

しかし、これらのやり方は、高額なコストがかかります。

では、日常業務にもコストにもなるだけ負担をかけずに、マイナンバー制度対応する方法はないのでしょうか?

そこで、、、ここにその解決策をお持ちしました。
こちらのマイナンバー業務安心パックをご紹介させてください。

まだ間に合います!!マイナンバーへの対応 2015年10月 通知開始
法令・ガイドライン完全対応版 マイナンバー業務安心パック

マイナンバー実務安心パック商品画像
~業務フロー&書式から研修まで~
便利なひな形で即対応!
マイナンバー管理のための業務フローと取扱い記録を連動させ、業務フローと取扱記録簿を作成管理できるシステム
マイナンバーへの対応はこれでバッチリ!
マイナンバー通知までの基準から取得・運用まで、すべてお任せ!!

御社にマイナンバー業務安心パックをおすすめする理由とは?

マイナンバー業務安心パックは、社会保険労務士がマイナンバーに必要な業務を洗い出してマニュアル化しています。
すぐに自社の業務で使える規程、書式も作成し、パッケージしてあります。多くの会社で問題になっている、規程、書式のひな形が手に入らないといった悩みもこれで解決できます。制度開始まで時間がない中でも、マイナンバー対応はこれだけあれば万全です。

マイナンバー業務安心パック3つの特徴

マイナンバー対応マニュアル作成の手引書を読みながら、指示に従って作業していけば、自然に自社用の業務フロー・規程・書式が出来上がります。

関連規程からチェックリスト、社内研修用のレジュメまで、実務上でマイナンバー対応が必要になる各シーンで使える書式のひな形30種を完備しています。

社会保険労務士が法律を噛み砕いて現場に即した形に落とし込んだ、すぐに使える規程のひな形付き。そして、「入社時」「年末調整」「退職時」などマイナンバーの取り扱いが必要になるシーンごとに業務フローを確立。これでマイナンバーの準備はもう安心です。

運用も、業務で必要となる書式のひな形をデータで提供するので、すぐに利用可能!

実務担当者向けの研修、全社員への説明会に使えるDVDがセットになっています

マイナンバー業務安心パックを使うことで、、、

10月のマイナンバー通知開始までに何を準備すればいいのかがわかります

制度が開始される平成28年1月までに何を準備すればいいのかわかります

平成28年1月からマイナンバーの正しい取り扱い方、運用方法がわかります

自社用の業務に合わせた規程、書式が手に入ります

社員や従業員によるマイナンバーの漏えいを避けるための教育ができます

会社の信用・信頼を維持できます

この他にも、、、

2015年度末に対応が遅れた場合に想定される事態として、1位「社内規定、マニュアルが対応していない」次に「社員、従業員教育、啓発が不十分」の2つが挙げられています。(日経BP調べ)
「規程の作り方がわからない」、「社内講習をしたくても社内にマイナンバーについて分かる人がいない」など、最も対応が遅れると言われているこの2つの問題も解決できます。
社員、従業員教育、啓発が遅れていることで、「一部の社員、従業員からしかマイナンバー収集ができないのではないか?」と言われています。しかし、マイナンバーパックについているDVDがあればそういった社員の意識を変えることが可能です。マイナンバー収集に協力的な社員が増えるでしょう。

などなど、他にもここには書ききれないたくさんのメリットがございます。

マイナンバー業務安心パック推薦の声 社会保険労務士 中居誠一郎氏
「必要な書式がそろっているので、いろんなサイトや書籍から探してくる必要がありません。
制度導入までの業務フローにより、モレのない準備ができる。従業員への研修DVDと実務担当者向けのDVDがついてくるので、導入がスムーズです。余計な手間がかからないので、本業に専念できるでしょう」。
中居 誠一郎(なかい せいいちろう)
北海道札幌市在住。北星学園大学経済学部経済学科卒業。社会保険事務局 全国健康保険協会で勤務を経て、会計事務所で勤務。年間50社の年金事務所等の調査対応を行う。
「自社の経営に精一杯な中小企業の社長が社会保険の情報弱者にならないようにお手伝いしたい」。というのがモットー。

マイナンバー業務安心パックのセット内容をご紹介します

➀マイナンバー対応マニュアル作成の手引書(A4版116P冊子)

マイナンバー制度の概要の解説から、企業でやらなければならない対応、実際の運用にあたっての注意点まですべて網羅した手引書です。同梱の規程・書式データを自社用にアレンジするためのポイントを使用する書式を図で示しながらわかりやすくまとめていますので、この手引書を読み進めながら、データを自社用にアレンジしていくことで、自社用の必要な規程・取扱マニュアル・書式が完成します。

➁特定個人情報関連規程 ひな形

法令・ガイドラインに対応した「特定個人情報基本方針」「特定個人情報・雇用管理情報管理規程」「特定個人情報取扱マニュアル」をwordデータで提供します。
➀のマイナンバー対応マニュアル作成の手引書に、これらの諸規定のデータの自社用のアレンジ方法の解説がありますので、それに沿って作業すれば、すぐに使える規程が作成できます。

➂マイナンバー事務に必要な書式一式 ひな形

業務にあたってすぐに使える各種書式のひな形をwordデータとExcelデータで提供します。「採用通知書」や「業務委託契約書」、「特定個人情報の取り扱いに関する誓約書」など業務に必要な書式を揃え、また入社や年末調整などマイナンバーが関係してくる業務フローのデータを完備しています。

➃実務担当者向け「マイナンバー制度開始までに企業がすべき実務対応セミナー」DVD

企業のマイナンバー対応について制度概要などの基本から、企業の具体的な対応まで実務担当者向けに解説したセミナーを収録したDVDです。企業に求められるマイナンバー対応について動画とレジュメを使って短時間でご理解いただけます。実務担当者向けの研修にも活用できます。(収録約2時間)DVDと印刷されたレジュメのセットになります。

➄社内研修用 「45分でわかる はじめてのマイナンバー」DVD

企業のマイナンバー対応について制度概要などの基本や、マイナンバー漏えいのリスクなど全社員が知っておかなければならないことについて解説したDVDです。これを社員に視聴させれば会社員用のマイナンバー研修も簡単に実施できます。(収録時間約45分)
DVDと研修会用のPowerPointデータでの提供になります。

付録

特定個人情報以外の個人情報管理規程 ひな形
個人情報取扱事業者向けの「特定個人情報管理規程」を踏まえた個人情報管理規程のひな形です。

いかがですか?
マイナンバーパックは御社のお役に立ちそうでしょうか?

さて、気になる価格ですが、
仮にマイナンバー対応のコンサルタントに依頼すると10名の会社でも20万円以上、101名以上だと70万~100万円もの料金がかかります。社労士に社員研修用に1回、1時間マイナンバー制度の講習をしてもらうだけでも5万~10万円くらいが相場です。会社の社会的な信用が得られて、対面が保てるのですから、これらの金額を頂いても十分に妥当な金額でしょう。

しかし、私どもは今回このマイナンバー業務安心パックをたったの10万円でご提供させていただきます。

できるだけ時間もコストもかけずに制度対応しなければならない方たちのために作った商品です。ですので、できるだけ安くご提供するべきだと考えました。
もし、仮に御社がすべてを1から全部やるとしたらどれくらいの労力、時間、コストがかかるでしょうか?
想像してみてください。本を読んだり、ネットで調べたり、セミナーに参加したり、会議を開いたりなどなど、、、関わった人達の人件費だけで10万円は軽くオーバーしてしまうでしょう。日常業務も疎かになり仕事の生産性も落ちることだって考えられます。
休日出勤、残業が増えればさらなる人件費だってかかります。

それから、これがもっと重要な事ですが、間違った知識を得てしまう可能性もあります。これらを総合すると、このマイナンバー業務安心パックを買ったほうがリスクが少なく、いかに費用対効果が高い投資かお分かりになるのではないでしょうか?

sp_orderbutton05_Gothic

マイナンバー対策に、時間、コストを無駄にするのはもう終わりにしてください

ここまでこのページをお読みになっている経営者様、担当者様は、マイナンバーはもはや後回しできない問題だと理解されている方だと思います。会社の信用、信頼にも関わってきます。残念ながらマイナンバーは、無駄なコストを出費させるだけで、ほとんどの会社にメリットがない制度だと言われています。漏えい問題など会社側のリスクも大きいです。しかし、もうこの問題は避けて通る事はできないのです。あれこれ迷って回り道しないでください。マイナンバーパックは制度対応を終わらせるための近道です。

マイナンバー実務安心パックは優れた商品です。しかし、これ以上制度移行への取り組みが遅くなると致命的です。手遅れにならない内に今すぐのお申し込みをおすすめします。方法は簡単です。お申し込みボタンを押して必要事項を記入していただくだけです。ほんの5分程度で済みます。是非、この機会にお申込みしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

sp_orderbutton05_Gothic

  1. 従業員が病気欠勤をする場合-休職制度はどのように考えるべきか

    もし従業員が病気により長期の欠勤をしなければならなくなったら、あなたは何を考えますか? 業…

ピックアップ記事

  1. 入社の時期が社員それぞれ異なる場合、有給休暇の付与日がバラバラとなり、管理が大変です。 特…
  2. [speech_bubble type="fb-flat" subtype="L1" icon=…
  3. 労働基準法では入社時に雇用契約書を作成することを義務付けられてはいません。 しかし入社…
  4. 夏ボーナスの支払いの時期が近づいてきました。 もらう側の従業員にとってはうれしい行事ですが、払…
  5. 社内ルールを作る時に気を付けなければならないことの一つに、労働者間の不平等をなくすということ…
ページ上部へ戻る