タグ:トラブル防止

  • 労働者と使用者が守るべきルール。労働契約法とは?

    労働契約は労働者と使用者の合意により決まります。 ですから給料や労働時間についても基本的には労働者と使用者の合意によって決まるのが原則です。 しかしこの原則に従って自由に労働条件を決めて労働契約を結ぶこと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 雇用契約書に記載しなければならない退職と解雇の事由と手続きについて

    雇用契約書に記載しなければならない項目に退職と解雇の事由と手続きがあります。 従業員が退職する場合の手続きやどのような場合に解雇されるのかあらかじめ知らせることで、退職時のトラブルを防ぐことができます。 法律…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 雇用契約書と就業規則に矛盾がある場合に優先されるのは?

    雇用契約書は会社が従業員と交わす対個人の契約書です。 会社は契約をした労働条件を守らなければなりませんし、従業員もその契約書に反することなく労働を提供しなければなりません。 しかし会社には対個人の雇用契約書だ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 健康保険の扶養について確認しなければならないこと

    人事の仕事を担当していると、従業員から健康保険の扶養に加入させられるかどうか質問されることが…

ピックアップ記事

  1. 雇用契約書は従業員と会社がそれぞれ印鑑を押印し、それぞれが保管するということをこちらの記事で…
  2. 年次有給休暇というからには、従業員が会社を休んでも給料を支払わなくてはなりません。 1…
  3. 労働保険料の計算や社会保険料の支払いが難しくてわからないという話をよく聞きます。 社会保険…
  4. 期間の定めのある雇用契約を会社と従業員の間で結ぶと、従業員はその契約期間中には退職することが…
  5. 御社には「皆勤手当」がありますか? 皆勤した従業員へのご褒美というより、欠勤や遅刻をな…
ページ上部へ戻る