雇用契約書の書き方や有給休暇の取得などを細かく解説。ひな形のダウンロードも可能です。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 就業規則

タグ : 就業規則

要注意!!勘違いが多い当日に有給休暇の取得の申出があった場合の対応

あなたの会社では年次有給休暇の申請をいつまでに行うルールにしていますか? 従業員が年次有給休暇の使用を申し出た場合には基本的には使用を認めてあげる必要があります。 しかし会社にも運営上休まれては困る場合もあります。 その …

有給休暇の申請はいつまで?答えは会社次第!!

あなたの会社では有給休暇の申請のタイミングはいつまでに設定していますか? 有給休暇は従業員から申出があれば、使用を認めなければなりません。 よほどの理由がなければ時季変更権は行使できません。 ≪参考≫ 最低限覚えておきた …

いくら支払うの?有給休暇の計算に使用できる3つの計算方法とは

年次有給休暇というからには、従業員が会社を休んでも給料を支払わなくてはなりません。 1日年次有給休暇を使用するのであれば1日分の給料を支給するということはみなさんわかると思います。 しかし有給休暇を使用するのがパートタイ …

有給休暇

時間単位の有給休暇でリスク回避!その導入方法と注意点

労働基準法では、1年に付与する有給休暇のうち5日分について、時間単位の有給休暇に設定できるとされています。 ほとんどの会社で半日単位の有給休暇を導入していると思いますが、さらに短くすることで、ちょっとした用事でも使うこと …

試用期間で押さえるべき3つのルール

試用期間は必ず設けなければならないものではありません。 まして労働基準法でも定義やルールもありません。 しかし、多くの会社では従業員の働きぶりを確認するために試用期間を設定した雇用契約を結んでいます。 もし試用期間を設け …

就業規則があれば雇用契約書を作成しなくても良いのか?

雇用契約書は会社と従業員が労働条件を確認するために交わす契約書です。 この他に従業員が守るべき労働条件に就業規則というものがあります。 どちらも従業員が会社で働くうえで守らなければならないルールを定めているものですが、も …

雇用契約書と就業規則に矛盾がある場合に優先されるのは?

雇用契約書は会社が従業員と交わす対個人の契約書です。 会社は契約をした労働条件を守らなければなりませんし、従業員もその契約書に反することなく労働を提供しなければなりません。 しかし会社には対個人の雇用契約書だけではなく、 …

雇用契約書が必要な3つの理由

労働基準法では入社時に雇用契約書を作成することを義務付けられてはいません。 しかし入社時に雇用契約書を交わすことにより様々なメリットがあるため、労務管理の専門家である社会保険労務士は雇用契約書を取り交わすことを推奨してい …

twitter

スポンサーリンク

PAGETOP
Copyright © 中小企業経営者のための労務管理講座 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.