押印のない雇用契約書は無効なのか

雇用契約書は従業員と会社がそれぞれ印鑑を押印し、それぞれが保管するということをこちらの記事では書きました。
しかし雇用契約書を後で見直してみると会社の押印がなかったり、従業員の押印がなかったりすることがあると思います。
このような場合でも雇用契約は有効に成立するのでしょうか?


[adsense]

雇用契約は書面での契約により成立するものではない

雇用契約自体は雇用契約書がなかったとしても有効に成立します。
労働基準法では雇用契約については労働者が使用者指揮命令により労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことにより成立するとされています。
ですから雇用契約書を交わすことにより雇用契約が発生するわけではないのです。

雇用契約書の押印がないことについて

上では雇用契約自体には雇用契約書は必要ないと説明しましたが、それでは雇用契約書には押印がなくても良いと言えるのでしょうか。
「押印がなくても法律違反ではないが、労務管理の観点で言うと良いとは言えない」というのがその答えです。
雇用契約書は労働基準法上は必要ありませんが、従業員と会社の間のトラブルを回避するうえでは重要な書類です。
労働条件に付いて従業員と「言った、言わない」の話になった場合に、会社は重要な証拠として提示できます。
それが雇用契約書を作成する意義になります。
ですからその雇用契約書に従業員の押印がなければ、「私は見ていない」と言い張られてしまう可能性がありますので、その意味で従業員の押印は重要です。
入社時には手続きもいろいろあり忘れてしまいがちですが、もれのないように注意しましょう。

まとめ
雇用契約書に押印がなかったとしても雇用契約自体は有効になります。
しかし従業員との労務トラブルを防止する観点からすると従業員の押印は重要な証拠になりますので、必ず押しもれのないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2015-12-8

    退職届と退職願の違いとは?撤回ができるのは?

    退職するときに提出するのは「退職届」でしょうか?「退職願」なのでしょうか? 企業の担当者と…

ピックアップ記事

  1. 会社を経営していくうえで必要な知識は様々ありますが、その一つに社会保険や労働保険の知識があり…
  2. 社会保険は正社員だけではなく、パートタイム労働者についても条件を満たした場合には加入しな…
  3. 期間の定めのある雇用契約を会社と従業員の間で結ぶと、従業員はその契約期間中には退職することが…
ページ上部へ戻る