いくら支払うの?有給休暇の計算に使用できる3つの計算方法とは

年次有給休暇というからには、従業員が会社を休んでも給料を支払わなくてはなりません。
1日年次有給休暇を使用するのであれば1日分の給料を支給するということはみなさんわかると思います。
しかし有給休暇を使用するのがパートタイム労働者やアルバイトの場合にはどのように払えばよいのでしょうか?
労働基準法では有給休暇の支払額について3つの方法で計算することを認めていますのでご紹介します。

労働基準法では、計算方法として3つあげられています。

  1. 通常支払われる賃金
  2. 平均賃金
  3. 健康保険の標準報酬日額

このページでは上の有給休暇の賃金計算方法について説明していきます。

通常支払われる賃金を使用する方法

一番簡単な計算方法です。
その日も出勤したことにして給料を計算するだけです。

原則、全ての手当が支給されるため、皆勤手当てについても全額支払う必要があります。

≪参考≫
皆勤手当の減額は慎重に!有給休暇は欠勤とは違う

ただし、通勤手当だけは、有給休暇を取得した日は除いて計算して構いません。実費支給と考えられているからです。

平均賃金を使用する方法

有給休暇を使用した際に平均賃金を利用する

3ヶ月分の給与から計算した、1日あたりの給料を支払う方法です。

有給休暇を取得した日の直前の締め日から前3ヶ月の給料の総額を、暦の総日数で割ります。
給料からはボーナスや弔慰金などの臨時の給料は除きますが、各種手当は含めます。
また、暦の総日数からは、労災で休んでいる期間や産前産後休業の期間、会社都合の休業期間などは除きます。

毎月計算しなくてはならず、最低金額も決められていることから、複雑で手間もかかります。

健康保険の標準報酬日額を使用する方法

労使協定を締結すると、社会保険の標準報酬月額を利用することもできます。

標準報酬月額とは、毎月の社会保険料の計算の基礎になっている金額です。
社会保険料は、計算を簡単にするため給料を等級分けし、その等級に該当する場合は社会保険料はこの金額です、という決め方がされています。

その等級が標準報酬月額であり、毎年見直しが行われます。
毎年金額が変わるので、変更を忘れないようにしてください。

パートさんの場合は損した気分になる

時給の従業員については、会社が損した気分になることがあります。

時給のパートさんが有給休暇を取得した場合、その日に出勤したら働いたであろう時間分について支払うことになります。

毎日同じ勤務時間数なら問題ありませんが、4時間の日と6時間の日があるという場合、4時間の日に取得すれば4時間分、6時間の日なら6時間分を支払うことになります。
6時間の日に取得されると損した気分になる、という訳です。

それなら平均賃金を使おう、と思われるかも知れませんが、結果は同じです。
平均賃金を使う場合、日によって労働時間に違いがある時には、短い勤務の日でも1日分を支払わなくてはいけないからです。

どちらを使っても、損した気分になってしまいますので、パートさんの勤務時間の長短をなくすようにした方がいいでしょう。

就業規則でどれかを選択

3つの方法がありますが、どれを選択するかは就業規則等で定めます。
月によって変えたり、人によって変えたりすることはできませんので、ご注意ください。

The following two tabs change content below.

jinjiroumu

札幌で社会保険労務士をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017-1-30

    入社した従業員の雇用保険の加入条件

    新たに従業員さんを雇い入れた場合、加入条件を満たした方については、雇用保険に加入させる必要があり…

ピックアップ記事

  1. 従業員が有給休暇を取得したと申し出たらあなたはどうしますか? どのような理由で有給休暇を取…
  2. 雇用契約書に記載しなければならない項目に退職と解雇の事由と手続きがあります。 従業員が…
  3. 期間の定めのある雇用契約を会社と従業員の間で結ぶと、従業員はその契約期間中には退職す…
ページ上部へ戻る