人事労務管理の窓

雇用契約書の書き方や有給休暇の取得などを細かく解説。ひな形のダウンロードも可能です。

むしろ逆効果!雇用契約書の雛形を使用する際に気をつけるべき2つのこと

      2017/01/24

むしろ逆効果!雇用契約書の雛形を使用する際に気をつけるべき2つのこと

あなたの会社では雇用契約書はどのようなものを使っていますか?
雇用契約書はインターネットでダウンロードできたり、書籍についている場合もあるため、入手するのは簡単です。
もちろんこのようなものを使用してもかまいませんが、自社のルールに合わせて内容をカスタマイズすることが大切です。
会社のルールと違うことに気が付かずにそのまま使用することは、後日トラブルの原因になりかねません。

このページでは雇用契約書のひな形をダウンロードできるようにしていますが、使用する場合には自社の状況に応じてカスタマイズした上で使用するようにお願いします。

スポンサーリンク


雇用契約書のひな形を使用する場合の注意点

ダウンロードした雇用契約書を使用する際には次の点に気を付けてください。

  • 自社の制度に合わせて内容を書き換えること
  • 労働基準法等により書面で明示しなければならない項目を削除しないこと

自社の制度に合わせて内容を書き換えること

当然会社によって人事労務制度は違います。
3か月の試用期間を設ける場合には試用期間の項目を追加しなければなりませんし、休日についてもその会社によって違います。
大切なことは従業員に労働条件を正しく伝えることですから、足りない項目は補い、不要な点を削除し、労働条件を明確にする必要があります。

スポンサーリンク

労働基準法等により書面で明示しなければならない項目を削除しないこと

労働基準法や労働関係の法律には、入社時の労働条件の説明について書面で明示しなければならない項目がいくつか設定されています。
その項目については雇用契約書から削除してしまうと法律に違反することになるため、絶対に削除してはいけません。

その明示しなければならない項目については以下の通りです。

    全ての従業員に共通する項目

  1. 労働契約の期間に関する事項
  2. 労働契約期間の定めがある場合→更新の有無および更新の基準
  3. 就業の場所及び従事する業務に関する事項
  4. 始業及び終業の時刻、所定労働時間を越える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに交代制の就業転換に関する事項
  5. 賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締め切り及び支払の時期、昇給に関する事項
  6. 退職に関する事項(解雇の事由を含む)
    パートタイム労働者の場合

  1. 昇給の有無
  2. 退職手当の有無
  3. 賞与の有無
    有期契約労働者の場合

  1. 雇用契約期間
  2. 更新の有無
  3. (更新の可能性「有」とした場合)契約を更新する場合又はしない場合の判断の基準

これらの項目については削除できませんので、必ず記載しなければなりません。

雇用契約書のダウンロード

上の注意を確認し、カスタマイズして使用してください。


※厚生労働省労働条件通知書を加工

 - 雇用契約 , ,

  関連記事

契約社員の雇用契約書で最低限注意すべき「契約期間」とは?

期間の定めのある雇用契約を会社と従業員の間で結ぶと、従業員はその契約期間中には退 …

雇用契約書が必要な3つの理由

労働基準法では入社時に雇用契約書を作成することを義務付けられてはいません。 しか …

雇用契約書は法律に負ける!有給休暇なしは効果なし!

あなたは 「自分の若い頃は有給休暇なんてなかった」 「研修期間は仕事を教えてやっ …

これからパートを雇うなら要注意!法改正で追加された項目はコレ!

パートタイム労働者については正社員との労働条件の不均衡が問題になっています。 具 …

就業規則があれば雇用契約書を作成しなくても良いのか?

雇用契約書は会社と従業員が労働条件を確認するために交わす契約書です。 この他に従 …

【Q&A】試用期間終了後に本採用しない場合の取り扱いは?

現在試用期間中のX君の勤務態度があまり良くないと社長は思っているようです。 そこ …

有期契約労働者の無期転換ルールとは

「労働契約法の一部を改正する法律」が平成24年8月10日に公布されましたが、その …

雇用契約書に記載しなければならない退職と解雇の事由と手続きについて

雇用契約書に記載しなければならない項目に退職と解雇の事由と手続きがあります。 従 …

有期契約労働者の契約を更新しない場合の雇用契約書の記載方法

有期契約社員の雇用契約を更新し続けると、いざ契約満了により雇止めをしようとした場 …

雇用契約書で試用期間を載せたら?試用期間で押さえるべき3つのルール

試用期間は必ず設けなければならないものではありません。 まして労働基準法でも定義 …