試用期間中の従業員に対しても残業代は支払わなければならないのか?

TeroVesalainen / Pixabay

新しく採用した従業員の働きぶりや協調性などを確認するために、会社では試用期間を設けて採用することがあります。
この試用期間中の従業員に仕事を教えるために残業をすることになった場合、会社は残業代を支払わなければならないのでしょうか?

試用期間中の従業員に対しても残業代は支払わなければならないのか?

A社長
最近本来の業務が忙しくて、なかなか試用期間中のS君を指導する時間がないんだよ。

社労士
忙しいのはいいことですね。でもそんな時こそ新人を早く一人前にしたいのに、教える時間がないのは困りますね。

A社長
そうなんだよ…何とか人をやりくりしている状況だからね。S君にも早く一人前になってもらいたいと思って、その日の業務が終わってから教えることもあるんだ。所定労働時間を過ぎてしまうこともあるんだけど、問題あるかな?

社労士
試用期間でも残業をさせることはできます。ただし、残業代の支払いは必要ですよ。

A社長
そうなの!?

社労士
上司が指示をして1日8時間、週40時間を超えて拘束していた場合には、業務ではなく研修や指導を行っていたのであっても、残業となります。試用期間であっても雇用関係にあることには違いないので、残業代が発生するんですよ。

A社長
仕事をしていなくても、残業代が発生するのか…

社労士
試用期間ですから、仕事はできなくても仕方ありませんよね。

A社長
それはそうだね。

社労士
細切れの時間に教えたり、実際に業務を行う時に教えながらやって見せて、少しずつS君にできる仕事を増やしてもらいましょう。

A社長
そうだね、それしかなさそうだ。

社労士
どうしても一人前でないことが気になるようでしたら、試用期間の賃金を見直しされてはいかがですか?試用期間中の賃金については、本採用となる時の賃金より低くても、最低賃金をクリアしていれば問題ありません。

A社長
そうすれば、残業代もその分安くなる、ということだね。

社労士
そういうことです。最低賃金は毎年10月頃に見直されますので、秋の中途採用の際には金額の見直しをしてください。私からも変更後の最低賃金額を連絡させていただきますよ。

A社長
よし、それでいこう。

社労士
求人の際に試用期間中の賃金は異なることを明記しておき、契約時にも試用期間中の賃金額について合意をとってくださいね。

A社長
分かったよ。

社労士
ただ、試用期間の間は、会社や仕事に慣れる期間です。環境が変わって疲れも出ますし、なるべく所定労働時間内に終わるようにしてあげた方が、本採用時にいいスタートを切ってもらえると思いますよ。

A社長
うん、そうだね。最近、同業他社でも入ってすぐ辞める人が増えていると言うし。できるだけスムーズに会社になじんでもらうため、なるべく残業はさせないようにするよ。

試用期間中であっても残業代を支払わなければならない

試用期間中であっても従業員には変わりありませんので、1日8時間、週40時間を超えて労働してもらうことになれば、当然残業代は発生します。
これはたとえ従業員が仕事に不慣れで、教えるために時間が必要だったとしても同じです。
新人社員は仕事が分からなくて当然ですから、仕事を覚えてもらうために勤務時間終了後に残ってもらって教えたとしても時間外労働になるのです。
社長の中には、「時間内に終わって当然の仕事量だから、残って仕事をしても残業を払う必要がない」と考えている方もいらっしゃいます。
しかし使用者の指揮命令のもとに業務についた場合には、労働時間と考えられるため、残業代の支払いは必要なのです。

試用期間中の給与を本採用時よりも低くする

試用期間中の給料を本採用時点よりも低くすることは可能です。
しかし募集の時点で明記し、雇用契約時にも雇用契約書や労働条件通知書で明示しなければなりません。
ここをあいまいにしてしまうと、トラブルの原因になります。
採用してから「やっぱり試用期間中だから単価を下げよう」ということにはなりません。
最初にしっかり説明をして、働く側も納得したうえで雇用契約をしましょう。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017-3-24

    労働時間が長い日に有給休暇の取得が集中しない為に会社がとるべき方法

    社内ルールを作る時に気を付けなければならないことの一つに、労働者間の不平等をなくすということ…

ピックアップ記事

  1. 外国人を採用する場合にも、日本人と同様に雇用契約書を交わすほうが望ましいと言えます。 むしろ外…
  2. あなたの会社には「皆勤手当」がありますか? 皆勤した従業員へのご褒美というより、欠勤や…
  3. 法人の役員をされている方の中には、2つ以上法人の役員をしている方がいます。A社では代表取締役…
ページ上部へ戻る