雇用契約書に記載しなければならない退職と解雇の事由と手続きについて

36a893cfd3d2e1611157c4b877e86be9_s

雇用契約書に記載しなければならない項目に退職と解雇の事由と手続きがあります。
従業員が退職する場合の手続きやどのような場合に解雇されるのかあらかじめ知らせることで、退職時のトラブルを防ぐことができます。
法律上でも明示することが求められていますが、トラブルを防ぐ観点からも明記することが大切です。


スポンサーリンク

雇用契約書に明記する退職と解雇の事由及び手続きについて

労働基準法では退職と解雇の事由及び手続きについて書面で明示しなければならないことになっています。
しかし退職する場合に申し出る期間やどのような場合に解雇となるのか、すべて雇用契約書に記入することは大変です。
このような場合で就業規則がある場合には、就業規則の該当ページのコピーを交付することでも書面で明示したと認められます。

退職と解雇の事由及び手続きについて気を付けなければならない事

退職と解雇は会社と従業員のトラブルの中でも最も多いものの一つです。
ですから従業員が入社した際には、最初にはっきりとどのような手続きが必要なのか、どのような場合には解雇になるのか示しておく必要があります。
退職と解雇以外の項目についてもいえることではありますが、雇用契約書を交わすだけではなく実際に読み合せを行い、会社側と従業員の間の行き違いを解消しておくべきでしょう。

まとめ
雇用契約書を交わしていても、内容について十分に吟味していない場合が多くあります。
退職や解雇については実際に退職時にはトラブルになることが多い部分ですので、しっかり書面による明示を行いましょう。
その際には就業規則の該当部分のコピーで明示することも認められていますので、必要であれば活用しましょう。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2015-2-7

    人事担当者必見!有給休暇を取得する理由を聞く3つの訳

    従業員が有給休暇を取得したと申し出たらあなたはどうしますか? どのような理由で有給休暇を取…

ピックアップ記事

  1. 入社の時期が社員それぞれ異なる場合、有給休暇の付与日がバラバラとなり、管理が大変です。 特…
  2. 有給休暇は条件を満たせば当然に付与される休暇です。 ポイントは、有給休暇を取得するのは「従業員…
  3. 雇用契約書は会社が従業員と交わす対個人の契約書です。 会社は契約をした労働条件を守らな…
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。