雇用契約書は法律に負ける!有給休暇なしは効果なし!

有給休暇と雇用契約書の関係

あなたは
「自分の若い頃は有給休暇なんてなかった」
「研修期間は仕事を教えてやってるんだから有給休暇なんていらない」
なんて考えていないでしょうか?そう思う社長さんがいらっしゃることと思います。
しかし、それでは法律違反となってしまいます。労働基準法で、「継続して6か月働き、全労働日の8割以上を出勤したら、10日の有給休暇を付与しなければならない」と決められています。
最初の6か月以降は、1年ごとに8割出勤を満たせば新たに付与されます。
(付与日数については、最低限覚えておきたい!有給休暇の付与日数の基本2大ルールをご覧下さい)

新入社員であっても、半年がんばって働いたら有給休暇がもらえるのです。
これは労働基準法が認めた権利であり、付与しないのは労働基準法違反となってしまいます。

雇用契約書に書かなければいいのか?

それでは、雇用契約書(雇用条件通知書でも同じです)に有給休暇について何も書かなければいいのでは、と思われるかも知れませんが、それも違法なのです。

法律では雇用契約書に記載する内容が決められており、

  1. 契約期間
  2. 就業の場所、従事する業務
  3. 始業と終業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日、休暇、交代制の会社は交代時間と順序
  4. 賃金の計算や支払について、昇給について
  5. 退職について

以上5点については必ず記載しなければなりません。

3.に休暇がありますので、有給休暇について、必ず記載しなければなりません。
そして、さきほど述べたとおり、法律で付与しなければならないと決められているのですから、有給休暇について何も書いていない場合でも、法律通りに付与されます。

雇用契約書に有給休暇を付与しないと書いたらどうなるのか?

雇用契約書に有給休暇無なし
雇用契約書に「有給休暇を付与しない」と記載したらどうなるか、と言うと、無効です。
労働基準法に違反する内容が雇用契約書に記載されている場合、違反する内容については無効となります。

無効となった記載は、労働基準法の規定に読みかえられます。
つまり、有給休暇は労働基準法のとおりに付与されます。

労働基準法と雇用契約書の優先順位

雇用契約書就業規則労働基準法優先順位

雇用契約書で決められるのは、会社と従業員の間で任意に決められる内容にとどまります。
法律に定められている内容は絶対厳守なのです。

それではなぜ雇用契約書の記載内容に休暇の項目があるのでしょうか?
それは

  1. 有給休暇を法律の規定よりも手厚く付与する場合
    →例:入社してすぐに付与される、日数が多く付与されるなど
  2. 特別休暇
    →例:慶弔休暇、リフレッシュ休暇、誕生日休暇など

がある場合に記載するということなのです。

有給休暇に限らず、法律に違反した内容を雇用契約書に記載していないか、一度確認することをお勧めいたします。

The following two tabs change content below.

jinjiroumu

札幌で社会保険労務士をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014-10-26

    雇用契約書が労働条件よりも優れている理由とは?

    労働基準法では入社時の労働条件の確認を明確にするため、書面や口頭で労働条件を明示する義務…

ピックアップ記事

  1. 雇用契約書は従業員との労働条件について記載された大切な契約書です。 ですからすぐに破棄でき…
  2. 平成25年4月以降においては高年齢者雇用確保措置の実施により、希望者全員を65歳まで雇用する…
  3. 労働基準法では、1年に付与する有給休暇のうち5日分について、時間単位の有給休暇に設定できるとされ…
ページ上部へ戻る